介護福祉士は独学でも取得できるの?

介護福祉士の資格取得方法には独学、通信講座、通学講座があります。

介護福祉士試験で出題される内容についても標準レベルの問題が多いことを考えてみると、独学でも十分に合格が狙える資格だといってもいいかと思いますが、それぞれにメリット、デメリットはあります。

ここでは介護福祉士資格取得方法について書いていきます。

介護福祉士の資格を独学で取得する。

独学は難しい

介護福祉士は、他の国家資格と比べてみると合格率は6、7割程度と比較的高く、筆記試験については全てが五肢択一のマークシートで行わる事から独学でも取り易い資格とは言えます。

介護福祉士の試験には筆記と実技があります。実技と聞くと難しいように感じるかもしれませんが、受験資格をクリアしてる方にとってはそこまで難しく考える必要はありませんが、過去問や市販の問題集をチェックする必要はあります。

介護福祉士の受験資格について詳しくはこちら

最近は市販でも実技のDVDテキストなど動画で学べるものもあります。

介護福祉士の試験の特徴として10科目郡全ての問題において得点をしなければならないという点があります。試験範囲はかなり広いので、いかに効率よく広範囲を学習するかどうかというのがカギとなっています。

スクールや通信を利用した方が効率がいい

管理人

仕事が忙しくて思うように勉強に時間が割けないという人、福祉系学校を卒業してからブランクが空いているという人に対しては、スクールや通信教育を利用したほうが効率がいい場合もあります。

独学で自分のペースで学習できない方は、スクールや通信教育を選択して、合格する確率を上げましょう。将来的にずっと使える資格なのですから、多少の投資は自己投資と割り切ったほうがステップアップにつながります。

自分に合った勉強スタイルでの学習をすることが何よりも肝心ですので、通信教育でもスクールを使うにしても、 どういったカリキュラムがあるかどうかをしっかりと確認しておくようにするといいでしょう。