介護福祉士通信講座比較トップへ ≫ 介護福祉士の難易度

介護福祉士の合格率

   
回数 受験者数 合格者数 合格率
第1回 11,973名 2,782名 23.2%
第2回 9,868名 3,664名 37.1%
第3回 9,516名 4,498名 47.3%
第4回 9,987名 5,379名 53.9%
第5回 11,628名 7,041名 55.1%
第6回 13,402名 6,402名 52.5%
第7回14,982名7,845名52.4%
第8回18,544名9,450名51.0%
第9回 23,977名12,163名50.7%
第10回31,567名15,819名50.1%
第11回41,325名20,758名50.2%
第12回55,853名26,973名48.3%
第13回58,517名26,862名45.9%
第14回59,943名24,845名41.4%
第15回67,363名32,319名48.0%
第16回81,008名39,938名49.3%
第17回90,602名38,576名42.6 %
第18回130,034名60,910名46.8 %
第19回145,946 名73,606 名50.4 %
第20回142,765 名73,302 名51.3 %
第21回130,830名67,993名52.0%
第22回153,811名77,251名50.2%
第23回154,223名74,432名48.3%
第24回137,961名88,190名63.9%
第25回136,375名87,797名64.4%
第26回154,390名99,689名64.6%
第27回153,808名93,760名61.0%
第28回152,573名88,300名57.9%
第29回76,323名55,031名72.1%
第30回92,654名65,574名70.8%

資格が出来た当初、介護福祉士は難しいとされる国家資格のひとつでした。

ですが、平成元年の試験開始時に23%と低かった合格率は、近年70%以上と飛躍的に上がっています。その背景には、高齢化する社会に合わせた問題難易度の低下や、受験者の学力の上昇があげられるでしょう。

現在日本には沢山の国家資格があります。そんな中で介護福祉士の資格は、比較的合格率の高い(取得しやすい)国家資格ともいえます。なぜなら、6割方の国家資格が50%以下という合格率の中で、介護福祉士の資格は60%を超える合格率だからです。

難易度の高いものでは5%前後の合格率と極めて難しい資格が多い国家資格の中、介護福祉士の資格は「取得しやすい国家資格」のひとつといえるでしょう。

今後社会の中で、より需要の高まる資格として注目を集めている介護福祉士ですが、それを表すように平成元年に始まった試験以降、その受験者数は確実に上昇傾向にあります。

第1回目の試験当初、わずか1万人程度だった受験者数は、平成10年の第11回目には3万人。第18回目には13万人と飛躍的に数を増やし、近年は14万前後の人が介護福祉士としての資格を求めて受験を受けています。またその一方で合格率も上昇傾向が続いており、ここ数年は70%以上の合格率を維持しています。

合格基準点?60%?10科目すべて得点?

介護福祉士の試験合格点は、「総得点の60%前後を基準とし、出される問題の難易度で補正した点数以上の点」を得て、かつ「10科目すべてにおいて点を取得する」必要があります。

これだけを聞くといささか難易度が高くも感じますが、10科目は介護福祉士を目指す中で必要とされる知識であること、また配点については、1問を1点とした120点満点であることから、安定して得点を狙っていける試験でもあります。